「大好きなことを子育てのために諦めた。そうしたら何だか自分が自分ではなくなった。かといって子どもを誰かに預けて、好きなことをするのは気が引ける...」。多くのママがこの道を通ってきただろう。「それなら子どもと一緒に参加できるようにすればいいじゃない!」と歌うことが大好きなママたちがひらめいた。「2010年に3~4人が集まってサークルの前身ができました。その後、SNSで合唱をやっていたと人たちとつながって、さらに新潟市在住の合唱指揮者である佐藤匠さんを迎えて、大きな形になったのが2012年の7月です。私の息子が1歳だったから5年前ですね」というのは新潟市内で活動する子連れ合唱サークル Ba・boo代表の本田あきこさん。息子の年齢を基準に過去を思い出すところが、やはりママである。

● 子連れ合唱サークル Ba・boo(バブー)

 サークルを立ち上げてみると「趣味が欲しいから」と合唱の経験がなかった人も参加して、現在の登録メンバーは20人弱。約半数が初心者だ。メンバーの子どもたちの年齢も幅広く、今は乳児から小学5年生がいて、妊娠中から参加する人もいる。レッスンの場は新潟市内の公民館の保育室など。合唱の面白さは声が合った時の快感、みんなで一つのものを作り上げるという達成感だ。大きな演奏会への出演が年に2回と、老人ホームや地域の公民館など小さな発表会も不定期で開催している。演奏会が終わった後、みんなが本当に良い顔になるという。

 「今後の目標は、もっと上手に歌える団体になること。もう一つは、どうやってサークルを継続していくか。子連れ限定のサークルなので、子どもが付いて来なくなったら、私も卒業しなくてはならない。その後の自分たちの受け皿と、サークル自体の継続が課題です」と本田さん。同じ思い、境遇の仲間が、人生の中で時間を共にする。貴重な時間だからこそ、その歌声はきらきらと輝いている。メンバーになりたい人はぜひ問い合わせてみてはいかがだろう。

 

(1)この日は新潟市西地区公民館 保育室で練習会が行われた (2)代表の本田あきこさん。自身も2人の子どもを持つママだ (3)練習していたのは、アニメ映画の主題歌で、誰にでも親しみやすい曲。ソプラノ、アルトなど担当パートも決まっている (4)合唱の練習は大人だけ。練習中、子どもたちは思い思いにおもちゃで遊んだり、本を読んだり、走り回ったり。ママたちにとっては貴重な練習時間なので、練習に集中していた。今後の演奏会は、9/10(日)14:00~、古町の子育て応援ひろば(Co-C.G.ビル4階)でミニコンサートを開催予定

 

子連れ合唱サークルBa・boo

連絡先: baboo20101124@gmail.com
練習日: 月2回(土曜または日曜10:00~12:00)
月会費: 1,000円
http://baboochorus.seesaa.net