「にいがた、いっぽ」開設のお知らせ

 新潟日報社(代表取締役社長・小田敏三)、第四銀行(取締役頭取・並木富士雄)、北越銀行(取締役頭取・荒城哲)、大光銀行(取締役頭取・古出哲彦)、ミュージックセキュリティーズは5月下旬、購入型クラウドファンディングサービス「にいがた、いっぽ」を開設し、事業を始めます。

 なお、新潟日報社は今年、創業140年を迎えることから、本事業を創業140年の記念事業として実施します。

 クラウドファンディングは、インターネットのウェブサイトを介して資金(支援金)を集めるサービスで、地域の発展を担うプロジェクトオーナー(事業者)向けの新しい資金調達方法です。

 「にいがた、いっぽ」は、新聞社の「事業の魅力を分かりやすく、多くの人々に伝える発信力」と、県内全地方銀行の「きめ細やかな金融サービス、コンサルティング機能」を組み合わせて、オール新潟体制で運営します。新潟発の魅力あるプロジェクトを掘り起こし、その夢を支援したいサポーター(資金提供者)をつないで、地域経済活性化やにいがた創生に貢献してまいります。

お問い合わせはこちら

新潟をCFの先進県に 「にいがた、いっぽ」 展望を聞く

2017/2/22

オール新潟で、夢を後押し 本社など CFサービス開始へ

2017/2/22