新潟日報カルチャースクール

新潟日報カルチャースクール通信

Vol.183 「マジック教室」

メイワサンピア教室

「マジック教室」

周りの人を笑顔にするマジックに挑戦してみませんか

コミュニケーション術や認知症予防にも
効果的なマジック 初心者大歓迎です

人を楽しませて自分も楽しめます

「マジック教室」

 「マジックは、手先と頭を使うので認知症予防に効果的です。人を楽しませて、喜んでもらえることで生きがいも生まれます」と講師の登石弘淑先生。身近な材料を使って、誰でも上達できる、気軽にできて、楽しいマジックを指導しています。
 受講生に感想を聞くと「老人会で見せたくて始めました。喜んでもらえると楽しいです」「初めて会った人でもマジックを通じて仲良くなれます」「先生のユーモアのある教え方も楽しく、やる気になります」と話してくれました。
 受講生同士が仲の良い様子からも、マジックのコミュニケーション術を感じられます。

マジックを通じて交流も広がります

「マジック教室」

 毎回、身近な材料で楽しめる「ミニミニマジック」、前回習ったマジックの復習、本日のマジックの練習をします。この日のマジックは、折りたたんだ新聞紙に水を注ぎ、新聞紙を開くと水が消えている「液体の行方」。「上手になるには練習ありき!」と話す、登石先生は元教師で、楽しく、丁寧な教え方に定評があります。
 この日は特別に受講生たちの十八番を披露していただき、マジックの楽しさを体感しました。「人前で披露するのは緊張しますが、成功すると快感です」と受講生。
 発表を通じた新しい交流や、マジックを学ぶ仲間づくりも楽しめます。

講師

【講師】

マジックセミナー講師
登石 弘淑

バックナンバー