新潟日報カルチャースクール

新潟日報カルチャースクール通信

Vol.214 「楽しいハーモニカアンサンブル」

上越教室

「楽しいハーモニカアンサンブル」

アンサンブルでハーモニカの世界を広げます

ノスタルジックな音色が人気のハーモニカ
アンサンブルで仲間と一緒に楽しみます

アンサンブルこそ楽器演奏の楽しみ

「楽しいハーモニカアンサンブル」

 メロディーを演奏するハーモニカに、リズムと低音部を担当する「バスハーモニカ」と和音を奏でる「コードハーモニカ」を加えて、3重奏、4重奏のアンサンブルを楽しむ講座です。「ハーモニカは音色がきれいで楽しい楽器です。アンサンブルで新しい音楽を作り出しましょう!」と講師の市川昭雄先生。

 受講生に感想を聞くと「アンサンブルは一人で吹くより深みがあって楽しいです」「気軽に始めたけれどなかなか難しいです。みんな仲が良く、分からないところも相談できるのが良いです」と答えてくれました。

発表会が練習の励みになります

「楽しいハーモニカアンサンブル」

 講座は、音階をとることから始まり、1曲目は『浜千鳥』を練習。先生は指揮をしながら音色をチェックします。2曲目はさらに難しい『山小屋の灯』。「吹くだけではなく合わせるように!」「緊張感を持って演奏しましょう!」と先生のアドバイスにも熱が入ります。「ハーモニカが上手になるためにはとにかく練習なんですよ」と先生。

 9月1日(土)には上越市交流施設高田公園オーエンプラザで開催される、カルチャースクールの発表会に出演します。「練習は大変だけど、発表会は励みになります」と受講生。

 ハーモニカに興味のある人はぜひ、美しいアンサンブルを聞きに行ってみませんか。

講師

【講師】

ハーモニカ振興会指導員
市川 昭雄

バックナンバー