新潟県縦断駅伝2017

1日目 10月21日(土) 妙高市役所西玄関前 午前8:45スタート

2日目 10月22日(日) 長岡大手通2丁目  午前8:00スタート

県縦断駅伝 来年から1日開催

号砲に合わせて一斉にスタートする選手たち=2016年10月15日、妙高市役所前

 21、22日に行われる「県縦断駅伝競走大会」(新潟陸協、新潟日報社、BSN新潟放送など主催)が開催70回の節目を迎える。長きにわたって2日間の激戦を展開してきたが、来年からは1日開催となる。
 県縦断駅伝は妙高市から新潟市まで、全18区間197・7キロを走る。だが、競技ランナーの減少などに伴い、18区間に選手をそろえることが困難なチームが増えたことから、数年前から開催方式の変更を検討してきた。来年からは長岡-新潟間での開催となる。
 大会は1948年に長岡-新潟をつなぐ駅伝として始まり、57年の第10回大会から2日間開催になった。

県縦断駅伝の歴史

第14回大会1日目、高田市役所(当時)前をスタートする選手ら=1961年4月29日、高田市(現上越市)の高田市役所前

 1948年5月2日、新憲法施行1周年を記念して「長岡-新潟間郡市対抗駅伝」としてスタート。その後54年の高田市(現上越市)スタート、62年の新発田市経由の延長を経て、64年新井市(現妙高市)スタート変更で、 ほぼ現在のルートとなった。秋の越後路18区間を選手たちが地域の名誉を担い、1本のたすきをつなぐ「県縦断郡市対抗駅伝」として県民に親しまれ、数々の名勝負を生んだ。平成の大合併で自治体の構成が大きく変わり、 2006年の第59回からは名称を「県縦断駅伝」として再出発、60回からは中学生区間も導入、新たな歴史を刻んだ。

ラジオ速報 BSNラジオ

10月21日(土)

時間 番組
7:50 BSNニュース
10:55 日報ニュース
13:59 駅伝速報
14:59 駅伝速報

10月22日(日)

時間 番組
7:50 BSNニュース
10:59 駅伝速報
12:59 駅伝速報
14:59 駅伝速報

交通規制へのご協力のお願い

大会当日、駅伝コース・中継地付近では混雑が予想されます。また一部交通規制が行われます。下記区間、時間帯を避けるか、迂回していただくようお願いいたします。安全、円滑な大会運営にご理解、ご協力よろしくお願いいたします。

区間 混雑予想時刻 混雑予想エリア
10/21(土) 9区 13:00~14:00 長岡市大手大橋東詰交差点~表町交差点まで左側車線規制
10/22(日) 12区 9:00~9:40 三条市内直江(三)交差点~三条市道新保裏舘線~三条中継地周辺
14区 10:30~11:30 新津中継地周辺(新潟市中心部迂回路:矢代田交差点~国道403号新津バイパス)
15区 10:50~11:30 水原中継地周辺
(新潟方面迂回路:新津方面から安野小学校手前信号左折)
(水原市街迂回路:新津方面から安野小学校手前信号右折)
18区 13:00~14:00 新潟市内栗の木橋交差点~明石通~東大通~萬代橋~柾谷小路~東中通~新潟市陸上競技場まで左側車線規制

※大会当日はコース周辺で交通渋滞が予想されます。大変ご迷惑をおかけいたします。ご理解・ご協力をお願いします。

参加25チームとゼッケン、カラー

※チーム名をクリックすると「監督コメント」「登録選手一覧」がご覧になれます

ゼッケン
No.
タスキカラー チーム名
1
ダイダイ
新潟中央
2
濃紺
新潟秋葉
3
エンジ
新潟北
4
黄×薄青
新潟南
5
新潟西蒲
6
長岡
8
濃緑×黄×紫
上越
9
白×紺
上越くびき
10
白×赤×白
三条
11
柏崎
12
新発田
13
黄×桃
小千谷
14
エビ茶
加茂・田上
ゼッケン
No.
タスキカラー チーム名
15
十日町
16
ダイダイ×青
見附
17
赤×青
村上
18
ダイダイ×緑
19
妙高
20
緑×黄土
五泉
21
灰×エビ茶
胎内
22
レンガ
魚沼
23
黄×赤
南魚沼・湯沢
24
赤×白
糸魚川
25
白×黄
佐渡
26
緑×青
阿賀野
主催
新潟陸上競技協会、新潟日報社、BSN新潟放送、新潟市、長岡市、三条市、新発田市、関係各市教育委員会
後援
新潟県教育委員会
特別協賛
JAグループ新潟
協賛
(一社)新潟縣健康管理協会