エンタメNOW!

エンタメ動画

NGTの新公演スタート! 初日にメンバー意気込み

2017/07/02

 当日まで演目が公表されず、ファンの間で憶測を呼んでいたNGT48の新公演は新作だった。7月2日夜、「誇りの丘」公演が初日を迎え、観客はさらに進化したメンバーのパフォーマンスを楽しんだ。
 今回の公演は今秋登場する「ぱちスロAKB48」シリーズ最新作の楽曲を中心に構成されている。このため、厳密な意味でのNGT48オリジナル公演ではないが、すべて新しい楽曲で、ファンにとっては一から合いの手などを作り上げていく楽しみがありそうだ。
 メディアを入れた同日昼の公開リハーサル後の記者会見で、今回の公演のキャッチフレーズを聞かれた北原里英キャプテンはメンバーとその場で合議した後「いま波に乗っているNGT48の『新潟サーフィン公演』です」と自信満々に語った。
 「誇りの丘」公演はこれまでの2公演に比べ、劇場のLEDスクリーンをふんだんに使った派手な演出が特徴だ。また小道具なども要所に使い、これまでのAKBグループ公演とは違ったショーアップを意識している。
 一方、ユニット曲とアンコール曲で2人の研究生枠が設けられた半面、アンコールで研究生を含むNGTメンバー全員で歌うという演出がなくなった。これについて今村悦朗支配人は「NⅢ公演にただ出るだけという時期は終わらなければならない。補欠という立ち位置をやめ、研究生を一つのチームとしてつくり上げていくため」と説明している。

NGT48 チームNⅢ3rd公演「誇りの丘」セットリスト

0. Overture
1. 誇りの丘(チームNⅢ)
2. あなたの代わりはいない(チームNⅢ)
3. やさしさに甘えられない(チームNⅢ)
自己紹介MC
4. 左の腕で連れ去って(佐藤、菅原、中井、奈良=研究生)
5. 残酷な雨(荻野、柏木)
6. ラスベガスで結婚しよう(西潟、本間、村雲)
7. 下衆な夢(加藤、山田)
8. 話し相手は冷蔵庫(小熊、高倉、太野)
9. 祈りはどんな未来もしあわせに変える(北原、西村=研究生、長谷川、山口)
MC
10.君のニュース(チームNⅢ)
アンコール
11.青春時計(チームNⅢ+研究生2人)
MC
12.暗闇求む(チームNⅢ+研究生2人)
MC
13.みどりと森の運動公園(チームNⅢ+研究生2人)

エンタメ動画