エンタメNOW!

エンタメ動画

川中美幸が新曲「あなたと生きる」に思い込め

2017/07/31

 「ふたり酒」「二輪草」などのヒット曲で知られる演歌歌手川中美幸が1977年のデビューから40年を迎えた。「これまでの集大成」という新曲「あなたと生きる」は、夫を亡くしながら「ひとりきりりと」前向きに生きる女性を歌う。このほど来県し、「コンサートに来てくださる方にも、愛する人が旅立ってしまった人は多い。歌が希望になれば」と話した。
 「40年もよくもったな、という感じです」と歌手人生を振り返る。17歳で「春日はるみ」としてデビューするが、低迷し2年で帰郷。21歳で「川中美幸」として再デビューし、数年後「ふたり酒」がヒットする。作詞は新発田市出身のたかたかしだった。「夫婦演歌」と呼ばれる内容の曲で、「まだ24だったから、最初は意味もよく分からず、歌うのにも抵抗があった」と振り返る。詞を何度も読むうち、両親のことを歌っているように思え、理解できるようになった。
 実家は大阪で商店を営んでおり、父は国民的歌手、三波春夫(旧越路町出身)のファンだった。川中にとっては同じレコード会社の大先輩。「先生がおっしゃっていた『歌は大衆の中から生まれる』という言葉。求められるイメージにギャップを感じる時期もありましたが、今は、表現の世界はまさに先生の言葉通りだと思う」とかみしめる。
 災害現場の被災者から「避難所で曲を口ずさみ、励まされた」などの手紙をもらう。「歌が人生を左右することがある。そういうお話を聞くと、歌の底力を感じるし、やっていてよかったと思う」。新曲も「パートナーを失い、1人で頑張る人が、心の中ではその人と一緒に生きていると思う曲」。歌詞は切ないが、努めて明るく歌い、希望を伝えるようにしている。
 ダウンロードが普及するなど、音楽業界の変化を痛感しているが、いい歌は人の心に宿ると信じている。「第一線で頑張っている先輩も多い。歌の灯を消さないよう私も頑張りたい」。これからは地方や高齢者施設などで歌う機会を増やしたいと考えている。

エンタメ動画

河口恭吾さんが歌う南魚沼市ご当地ソング

(2018/07/18)

音楽家・小林武史さん「大地の芸術祭」開幕公演への思い語る

(2018/07/16)

「劇的舞踊」って? ヒリヒリ刺激的なノイズム新作

(2018/07/02)

NGT48チームGが初日公演!演目は、キャプテンは

(2018/07/01)

新潟開港150周年 Negiccoバスお目見え

(2018/06/24)

里英さん手本に感じる成長 「つなぐ思い@NGT48」荻野由佳

(2018/06/04)

万代の新たなシンボルに 「つなぐ思い@NGT48」加藤美南

(2018/06/04)

AKB総選挙、新潟は今年も大躍進の予感 メディアシップ歓喜の速報PV

(2018/05/30)

「私立恵比寿中学」が5月26日に県民会館でライブ

(2018/05/21)

映画「のみとり侍」は長岡藩士 村上出身・鶴橋監督が見どころ語る

(2018/05/14)

五泉市出身・落合みつをが新アルバム「繋ぐもの」

(2018/05/14)

元「ふきのとう」・細坪基佳、5月に新潟と佐渡でライブ

(2018/04/30)

「sumika」がミニアルバム発売、新潟県民会館ライブもPR

(2018/04/30)

NGT48の2期生19人が合格! 最年少は中学2年生

(2018/04/28)

E-girls、7月の朱鷺メッセライブをPR

(2018/04/23)

新発田出身・マジシャン渋谷駿が5月にミニライブ

(2018/04/23)

新潟でHi-STANDARD初の写真展 ライブの迫力そのままに

(2018/04/17)

NGT48北原里英卒コン「新潟県が私を救ってくれた」

(2018/04/14)

Rafveryが4月に初のベスト盤&県民会館ライブ

(2018/03/26)

中尾ミエがオリジナルミュージカルをPR

(2018/03/19)