エンタメNOW!

エンタメ動画

Creepy Nutsがメジャー進出 3月新潟でライブ

2017/12/25

 長岡市出身の「DJ松永」と大阪府出身のラッパー「R-指定」によるヒップホップユニット「Creepy Nuts」がメジャーデビューした。第1弾シングルでは自らのメジャーデビューをネタに社会風刺を交えたラップがさえる。来年2月から8会場を巡る全国ツアーを予定し、本県では3月16日、新潟市中央区のstudio NEXSで開く。2人は「新潟はホーム。安心感を持ちつつ盛り上がりたい」と語った。
 国内最高峰のラップのフリースタイル大会で3連覇したR-指定と、「Hilcrhyme(ヒルクライム)」のTOCらと共演してきたDJ松永とで2年前から本格的に活動を始めた。ポップかつ哀愁漂うサウンドに乗せ、誰もが持つ劣等感を赤裸々に語るラップが特徴だ。
 シングルのタイトルは「高校デビュー、大学デビュー、全部失敗したけどメジャーデビュー。」。新曲2曲の間に2人が進行役を務めた約1時間のラジオトーク番組を挟んだ異色の構成だ。DJ松永は「記念の一枚なのでストーリー仕立てにした」と意図を語る。
 皮切りの曲「メジャーデビュー指南」は、メジャー進出をちゃかす友人との会話をR-指定が一人二役で表現した。2曲目の「だがそれでいい」では実力がないのに粋がっていた2人の青春時代が現在につながっていることを示し、「失敗を恐れずに突き進め」と力強く訴えた。
 「誰でも情報発信できる一方で監視される時代。思い切ったことがしにくく窮屈」とR-指定。「羽目を外して理解を得られず、恥ずかしい思いもした。たたかれた経験が多いほど人間は厚みが出る。僕らもそうやって進みたい」との覚悟を込めた。
 ライブでは観客と対話し、即興ラップを披露するのが定番だ。DJ松永は「DJ技術を駆使した見せ場もあるので、それも楽しんで」と呼び掛けた。
 午後7時開演。3500円(ドリンク代別)。025(229)5000、FOB新潟。

エンタメ動画