県ジュニア展の歴史

 「新潟県の美術教育振興」という願いを受け、新潟県美術教育連盟、新潟日報社、新潟県教育委員会の努力のもと、昭和36年に第1回県ジュニア展が発足し、市内小林百貨店を会場に開催された。 内容は絵画展のみであった。翌昭和37年、県ジュニア展とは期日を別にして、新潟県学童デザイン展が開催された。以後数年、ジュニア展は絵画部門とデザイン部門に分け、1年に2回開催された。 両展とも昭和36年度の第1回展以来、第9回展まで継続し、新潟県教育委員会、新潟日報社、新潟県美術教育連盟の三者により主催してきた。

 展覧会の規模が大きくなるにつれて、会場や事務処理、予算などの問題が産まれてきた。その諸問題を解決するため、これまでの二つの展覧会を一つにまとめ、新たに版画領域を加えた平面作品の総合展として、 「新潟県ジュニア美術展」を新しく発足させた。昭和45年、県美術博物館を会場に、第1回「新潟県ジュニア美術展」(第一部絵画、第二部デザイン、第三部版画)が開催された。