新潟日報 釣り情報

週間釣り情報

<寺泊>泳がせ釣りでキジハタ、クロソイなど交じる

 船釣りは0・5~2・5キロのマダイが船中2~16匹。小型が多く、数もいまひとつだったが、4キロ級の良型が釣れた船もあった。アジ、ハナダイ、サバ、イナダなども交じる。生きたアジやカマスを餌にする泳がせ釣りで、0・5~1キロのキジハタが多くて8匹釣れる。クロソイ、ヒラメ、マゾイ、ワカシも交じる。夜のサビキ釣りでは、20~30センチのアジが5~20匹釣れる。サバ、カマス、ワカシ、スズキ、マダイなども交じる。アカイカは胴長17~40センチが1~9匹。寺泊港周辺は、サビキ釣りで、7~12センチの小アジが朝夕に10~30匹。日中は小メジナやシマダイ、フグが多くなる。15~17センチのサヨリが10~30匹釣れ始めている。遠投サビキ釣りで、15~20センチのカマスが朝にいい人で10~20匹の釣果。エギングでは、胴長10~13センチのアオリイカが1~5匹。
 【さくらや釣具店 0258(75)2228】

【釣り情報】

地域別釣り情報

釣りに便利な情報

単位グラム換算表

ルアーに使われる重さ

ラインの号数とポンドの関係