動画コーナー

小野塚彩那選手が公開練習 「五輪で優勝を」

 フリースタイルスキーの世界選手権女子ハーフパイプ(HP)で優勝した小野塚彩那(石打丸山ク)が14日、自らの意見が取り入れられて整備された南魚沼市トレーニングセンターで練習を初公開した。施設を活用した体づくりに励み、来年2月の平昌冬季五輪では「一番目立てるようにしたい」と語った。
 新シーズンに向けては、8月にニュージーランドで開幕するワールドカップ(W杯)初戦を視野に入れる。5月下旬には米国に約2週間滞在し、雪上トレーニングも積んだ。
 この日は跳躍器具を使って2回ひねり、(板をつかむ)グラブなどの姿勢や動きを確認。その後は体育館でダッシュや片足と両足で踏み切ったひねりジャンプなどを繰り返し、下半身強化のメニューを数多くこなした。
 この時期は雪上で推進力を生む滑りを意識し、体幹トレーニングに取り組んでいる。練習後、小野塚は「これだけいい施設ができたので、フル活用してしっかりトレーニングしていきたい」。新シーズンに向け「高い目標を持って戦い、最後は五輪で優勝を飾りたい」と力を込めた。
 母ゆかりさん(49)も実家の旅館「勝田屋」で報道陣の取材に応じ、「けがをしなければ付いてくるものもある」と期待した。

2017/07/15

最新の動画ニュース

全国の動画ニュース