動画コーナー

NGT48がお披露目2周年ライブ 新潟港開港150周年プレ企画

 人と人、町と町をつなぎ、多くの物資を集めて政令市新潟の発展の礎となった新潟港が2019年1月、開港から150周年を迎える。21日には新潟市歴史博物館(みなとぴあ)で、記念事業のプレイベントとしてアイドルグループ「NGT48」が
華やかなライブを披露し、市や県、企業などでつくる実行委員会が新たなブランド「Nii port(ニイポート)」の立ち上げを発表した。交流が育んだ港町文化を次世代につなごうと、多くの力の結集を呼び掛けている。
 NGT48のライブは新潟港を一望する特設野外ステージで2回行われ、延べ約2千人が詰め掛けた。この会場は2015年8月21日、メンバーがお披露目された同じ場所。その2周年記念ともなり、メンバーは炎天下、精いっぱいの歌とダンスでファンに感謝の気持ちを伝えた。
 NGT48はことし4月にシングル「青春時計」でメジャーデビュー。6月には「AKB48選抜総選挙」で荻野由佳さん(18)=埼玉県出身=が5位に輝くなど10人が“当選”。県内企業の宣伝活動などにも協力し、全国に「新潟」の名を響かせている。
 ライブでは14曲を披露。メンバーたちは「新潟とNGTで天下を取りに行こう」と会場を盛り上げた。
 屋内で行われた実行委の記者会見では「Nii port」について説明され、新潟にゆかりのある企業や団体などと協力し、港町新潟の魅力を全国に発信する目標が示された。
 ブランドの応援団「TEAM Nii port(チームニイポート)」はキャプテンに新潟市出身の歌手小林幸子さんが就任。そのスペシャルクルーとなったNGT48の加藤美南さん(18)=新潟市出身=は「私は新潟を盛り上げたいと思ってNGTに加入したので、こうして参加できるのは一番うれしい」と笑顔を見せた。
 篠田昭・新潟市長は新潟が宣伝下手といわれることに触れ、「新潟が全国に“メジャーデビュー”できるよう、先導役のNGTに付いていきたい」と話した。

2017/08/22

エンタメ動画一覧

全国の動画ニュース