動画コーナー

佐渡の寒ブリ、今季初の大漁に活気づく港

 佐渡の両津湾で取れる寒ブリが13日、今季初めて大漁となった。佐渡市春日の佐渡水産物地方卸売市場には8~10キロ台を中心に5千本余りが水揚げされ、港は活気づいた。
 両津湾には漁師の組合による大型定置網が6カ所仕掛けられている。ブリは海がしけると比較的穏やかな湾内に入る傾向がある。ここ数日海が荒れたため、週明けの漁に期待が高まっていた。
 水揚げされた寒ブリは重さごとに分けられ、競り落とされた。県内をはじめ、首都圏など全国に出荷される。湾内に網を張る丸内定置網組合の山崎実副船頭(48)は「脂の乗りが良いブリがそろった。今季は期待が持てそう」と語った。
 寒ブリ漁は来年1月末まで続く見込み。

2017/11/14

ニュース動画一覧

全国の動画ニュース