新潟県NIE推進協議会

  • index
  • info
  • nie-katsuyou
  • shiteikou
  • kansoubun
  • houkoku
  • needs

新潟県NIE推進協議会

  • kaisoku
  • meibo
  • keikaku
  • ayumi

お問い合わせ

新潟県NIE推進協議会事務局

お問い合わせはこちら

※入力フォームへ


〒950-8535
新潟市中央区万代3-1-1
新潟日報社内

TEL 025-385-7468
FAX 025-385-7446

関連リンク

最新のお知らせ

聖籠町立聖籠中学校 NIE研究発表会

2017年10月19日

 10月12日(木),「学び合いながら生きる力を高める生徒の育成~新聞の有効な活用を通して,自分と社会を結びつける子ども~」を研究主題に,1学年総合的な学習の時間「防災教育 洪水災害編」,2学年社会科「日本の諸地域 近畿地方~歴史の中で形作られてきた人々の暮らし」の授業が公開されました。
 1学年 「羽越水害から50年 被害の大きさ,怖さ学ぶ」(6月27日付け新潟日報)から,ふむっ子記者の思いを読み取り,本時の課題「命を守ることも含めて,洪水災害時に自分たち中学生ができることは何だろうか。(避難所では,地域住民として)」を決めました。CIMG1508.JPG 考えを付箋紙に書き,それを基に班ごとにその理由を考えながらまとめました。命を守ることを最優先にすること。避難所では周囲の様子に気を配り,小さい子やお年寄りの話し相手,清掃や食品などを配ること。地域住民として周りの人に避難を呼びかけること,後片付けの手伝いをすること,を確かめ合いました。CIMG1515.JPG そして,「前向きな情報伝えたい 小中学生2人 避難所にかべ新聞」(2014年8月25日付け新潟日報)を読み,実際の場面で自分のできることを実行する意識を高めました。

 2学年「京都観光『世界一』が追い風 伝統とモダン 欧米人を魅了」(2015年9月9日付け新潟日報)を読み,本時の課題「多くの観光客が京都を訪れる大きな魅力はどこにあるのだろうか。」を決めました。CIMG1514.JPG 班で,記事の中の「モダンな京都駅,伝統的な寺社,和食がおいしい,昔ながらの日本,市の地道な努力,人が親切」という言葉を,理由を付けながらピラミッドランキングを作りました。そして,その結果を交流しながら京都の建物や風景の魅力に迫りました。CIMG1521.JPG 次に,考察した建物や風景の魅力を基に,過去の風景写真を使い,不釣り合いなものに赤印を付け,現在の風景写真を比べることで学習の成果を確認しました。

 廊下のスペースを活用し,複数紙を読めるようにしています。CIMG1512.JPG

ページの先頭に戻る