プレスリリース 国内/海外リリース情報

CIO Outlook誌がMahindra Comvivaをアジア太平洋地域のビックデータ企業上位25社の1社に選出

Mahindra Comviva

海外 【提供】共同通信PRワイヤー

CIO Outlook誌がMahindra Comvivaをアジア太平洋地域のビックデータ企業上位25社の1社に選出

AsiaNet 70409 (1553)

【ロンドン2017年10月3日PR Newswire=共同通信JBN】モビリティー・ソリューションで世界をリードするMahindra Comviva(https://www.mahindracomviva.com/ )は3日、APAC CIO Outlook誌によりビックデータ企業上位25社の1社に選ばれたと発表した。

(Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20130626/625127

APAC CIO Outlook誌のビックデータ企業上位25社は、顧客の特定の要件に対応し、それぞれの分野における専門知識向上を支援することによって、顧客を卓越性へと導くことができる業界の著名組織を示している。

Comvivaは、企業が収入源を強化し、より迅速なROIを実現するのに役立つビックデータ分析機能を評価されランク入りした。この機能は、顧客ライフサイクル全体に実行可能な洞察を提供し、分析重視でインテリジェントなリアルタイムマーケティングプラットフォームであるComvivaのMobiLytixTM Suite(https://www.mahindracomviva.com/products/customer-value-management/mobilytixsuite.htm )を基に構築されている。

Mahindra Comvivaのコンシューマーバリュー・ソリューションのエグゼクティブヘッドであるアミット・サンヤル氏は「アジア太平洋地域のビッグデータ企業上位25社リストに掲載されたことは非常に喜ばしいことである。これは、顧客の全体像を把握するため顧客ライフサイクル全体にわたって単一の顧客価値管理スイートを提供する当社の取り組みの有効性を実証するものだ。顧客をより正確・詳細に把握することにより、オペレータはより高い収入と市場投入までの時間を短縮することができる」と語った。

Mahindra Comvivaのコンシューマーバリュー・ソリューションのエグゼクティブヘッドであるデービッド・ピータース氏は「当社に対する同業者および業界からのこの評価は、当社の強み、サービス専門知識、および通信事業者向けの製品・サービスのエンドツーエンド機能を強化する能力を実証するものであり、世界中の既存のすべての顧客に大きな価値をもたらし、成長加速の機会に拍車をかける」と述べた。

APAC CIO Outlookのマネジングエディター、アニー・ジョンソン氏は「アジア太平洋地域は、ビッグデータ分析分野で急速な成長期に入っている。企業は成長と顧客関与の新しい道を模索している。この移行は、エンタープライズとテクノロジーのギャップを埋めているソリューション・プロバイダーによって実現されている。Mahindra Comvivaは、それぞれの分野でこの変革をリードするビッグデータ分析企業のエリート25社のグループに属している。企業とソリューション・プロバイダーが調和して協業することで、この分野が将来的により大きく成長することを大きく期待している」と語った。

▽問い合わせ先
Sundeep Mehta
Global PR & Corporate Communications
Mahindra Comviva
Contact: +91-124-481-9000
Email: pr@mahindracomviva.com

ソース:Mahindra Comviva

    プレスリリース配信元
    http://prw.kyodonews.jp/opn/release/201710046471/

    本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。