プレスリリース 国内/海外リリース情報

Aytu BioScienceが日本でのFiera(R)の国際流通契約を発表

Aytu BioScience, Inc.

海外 【提供】共同通信PRワイヤー

Aytu BioScienceが日本でのFiera(R)の国際流通契約を発表

AsiaNet 70418 (1556)

【イングルウッド(米コロラド州)2017年10月4日PR Newswire=共同通信JBN】泌尿器分野の新製品の世界的商業化に注力している特殊生命科学会社のAytu BioScience, Inc.(OTOCQX:AYTU)は10月4日、日本におけるFiera(R)の販売、流通についてミツボシ・プロダクト・プラニング株式会社と流通契約を結んだと発表した。ミツボシは不妊と女性の性的ウェルネスに関係する製品の研究、開発、商業化に携わっている特殊生命科学会社である。ミツボシはAytu BioScienceにとり初のFieraの国際流通業者で、同社は将来、Fieraの追加的な国際的流通提携を発表する見込みである。

Logo-(http://mma.prnewswire.com/media/566335/aytu_logo_800x300.jpg

Aytu BioScienceのジョシュ・ディスブロー最高経営責任者(CEO)は「日本でミツボシと提携し、性的欲求の低さを経験している多くの女性がFieraを利用し、Fieraのような革新的な医薬品でない製品の恩恵を受けられるようにするのは大変うれしい。日本は性的ウェルネスの大規模かつ成長する市場であり、ミツボシはFieraを日本全体の臨床医、消費者の間で重要な女性の性的ウェルネス・ブランドとして確立するのに大変有利な立場にあるとわれわれは信じている」とコメントした。

最大で900万人の日本女性が1件以上の性的懸念を表明している。日本の性的ウェルネス市場は年間2億7000万ドル超と推定されている。

Aytu BioScienceとミツボシは数カ月以内に日本でFieraを発売開始する見込みである。

▽Aytu BioScience, Inc.について
Aytu BioScienceは商業段階の特殊生命科学会社で、活力、性的ウェルネス、リプロダクティブ・ヘルスへの対応を中心に泌尿器の分野で新製品の世界的商業化に注力している。同社は現在、米国で2つの処方薬、つまり性腺機能低下症(低テストステロン、「低T」)の男性向けにFDA(米食品医薬品局)が初めて承認したこの種で唯一のテストステロンの鼻腔投与剤であるNatesto(R)と、前立腺がんの検出・段階分類用の前立腺特定膜抗原(PSMA)特定のための唯一のFDA承認を受けた造影剤、Prostascint(R)(カプロマブ・ペンデチド)を販売している。さらに、Aytuは酸化ストレスによって起こる男性の不妊の診断と管理のケアの標準になる可能性のある新しい急速精液分析システムのMiOXSYS(R)を開発している。MiOXSYSは米国以外では商業化されており、米国ではCEマークを受け、カナダ保健省の承認を受けた製品であり、Aytuは510k医療機器としてFDAの認可を受けることを目指して米国で臨床試験を行うことを計画している。Aytuの戦略は売り上げを生み出す製品のポートフォリオの増強、集中した商業チームと専門知識を活用した成長市場内の有力ブランドの強化を続けることである。詳しい情報はAytubio.com へ。またAytuはいまでは女性の性的ウェルビーイングと愛情行為に注力した個人の健康、ウェルネス会社のAytuウイメンズ・ヘルス(旧Nuelle,Inc.)を完全子会社化している。Aytuウイメンズ・ヘルスは肉体的覚醒と性的欲求を強化することが科学的に証明されている女性のためのパーソナルケア機器であるFieraを販売している。Fieraは消費者機器であり、いかなる病気、症状に対する治療・軽減・治癒を意図していない。Fieraパーソナルケア機器に関する詳しい情報はfiera.com へ。

▽投資家問い合わせ先
Amato and Partners, LLC
Investor Relations Counsel
admin@amatoandpartners.com

ソース:Aytu BioScience, Inc.


    プレスリリース配信元
    http://prw.kyodonews.jp/opn/release/201710046480/

    本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。