プレスリリース 国内/海外リリース情報

第51回自動車工学基礎講座(関西)開催

公益社団法人自動車技術会

国内 【提供】共同通信PRワイヤー

2017/10/6

公益社団法人自動車技術会

第51回自動車工学基礎講座(関西)開催

第51回自動車工学基礎講座(関西)開催致します。

公益社団法人自動車技術会(略称:自動車技術会 所在地:東京都千代田区 会長:松本 宜之)は
自動車産業に従事されているエンジニア、エンジニアを目指されている学生の方、電動化、つながる車、自動運転技術等で新たに自動車産業に参入する電機・通信・インフラ産業等のエンジニア、研究者を対象に自動車の原理を基礎から学ぶことのできる講座を開催致します。関西地区における開催は2007年神戸開催以来の10年ぶりとなります。
講義は自動車OEM・サプライヤ・研究者からなる16名の講師が担当します。

開催概要:
■会期:2017年12月4日(月)~12月7日(木)
■会場:ダイハツ工業株式会社販売研修センター
    (兵庫県尼崎市塚口本町4丁目8−30)
■定員:100名(定員になり次第募集終了となります)
■参加費:(テキスト込み)
正会員  :10,000円(税別) × 受講日数
学生会員 : 2,000円(税別)× 受講日数
賛助会員 :15,000円(税別)× 受講日数
一 般  :20,000円(税別)× 受講日数
■申込方法:下記URLより直接ご希望の日程・日数お申込み下さい。(カード決済が可能です。)
      https://tech.jsae.or.jp/evententry/index.aspx?id=kiso51
■参加申込締切日:2017年11月24日(金)
■協 賛:ダイハツ工業株式会社
■協 力:自動車技術会関西支部
■企 画:技術者育成委員会

「第51回自動車工学基礎講座(関西)」の詳細および参加申込については下記サイトをご覧ください。
http://www.jsae.or.jp/ikusei/kisokouza.php

自動車技術会について
公益社団法人自動車技術会は、1947年に、“自動車に関わる科学技術の進歩発達を図り、もって学術文化の振興及び産業経済の発展並びに国民生活の向上に寄与する”(定款第4条)ことを目的として設立されました。
発足当初の会員数は1,500名余りでしたが、日本の自動車産業の発展とともに会員が増加し、現在では 50,000名を超える会員が所属する国内有数の学術団体となりました。本会では、これらの会員に情報交換、研究発表、内外技術者との交流の場を提供するため、講習会、シンポジウム、国際会議、展示会、見学会の開催、各種出版物の発行、自動車規格の制定、研究業績の表彰等を行い、技術者・研究者の育成に取り組んでいます。
自動車技術会ウェブサイト: http://www.jsae.or.jp


    プレスリリース配信元
    http://prw.kyodonews.jp/opn/release/201710066546/

    本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。