プレスリリース 国内/海外リリース情報

ドバイ未来アクセラレーターが第3コホートを開始

ドバイ未来アクセラレーター

海外 【提供】共同通信PRワイヤー

ドバイ未来アクセラレーターが第3コホートを開始

AsiaNet 70432

ドバイ(アラブ首長国連邦)、2017年10月5日/PRニュースワイヤー/ --

UAEの9社を含む世界の46社がドバイ未来アクセラレーター(DFA:Dubai Future Accelerators)の第3プログラムに参加します。参加企業数は、昨年9月のDFA発足からほぼ2倍になりました。

     (写真:
http://mma.prnewswire.com/media/567939/Dubai_Future_Accelerators_program.jpg )

     (ロゴ:
http://mma.prnewswire.com/media/567940/Dubai_Future_Accelerators_Logo.jpg )

  (写真:
http://mma.prnewswire.com/media/568309/DFA_Auditorium.jpg )

政府支援のユニークなアクセラレーター・プログラムでドバイ未来財団(Dubai Future Foundation)が主導するDFAでは、今回のコホートに1000以上の応募がありました。提案は、主要セクターの未来を築き、地球の未来が直面する問題の効果的な解決策を見つけて、それを持続可能な発展のチャンスに変え、最終的には次世代に向けてより良い暮らしを作り上げる様々な革新的アイディアを扱っています。エミレーツ航空(Emirates Airline)は、航空業界が直面する緊急課題を特定し、解決策を考え出して、これらの課題を業界の長期的持続可能性を支えるようチャンスに転換するため、プログラムに参加しました。

ドバイ未来アクセラレーターCEOのカルファン・ベルフールは、次のように述べました:「このプログラムは、UAEの政府機関と協力して最先端技術で主要セクターの課題に対処するため、世界のもっとも輝かしい精神と革新的企業を集めており、未来を予測し計画を立てるための理想的プラットフォームを提供します。我々は、地元企業の参加があることを誇りに思います。これは地元のテックシーンが世界の主要な競合企業と肩を並べるほどになっていることを示しているからです」

DFAプログラムにはUAEから多数の申し込みがあり、9社をプログラムに受け入れました。その結果UAE企業の割合は前回のコホートから倍増しており、UAEは全参加企業のうち2番目に多くを出しています。いっぽう米国は10社で1位、英国は9社でUAEと並んでおり、オーストリア4社、カナダ3社、ニュージーランド2社、シンガポール2社、中国、ドイツ、ハンガリー、レバノン、南アフリカ、スペイン、韓国、オランダがそれぞれ1社となっています。

DFAの「人道的アクセラレーター(Humanitarian Accelerators)」プログラムはドバイ・ケアーズ(Dubai Cares)と契約を交わし、UAEの2社および米国の1社、計3社と提携します。人道的アクセラレーターはアラブ世界で初となるイニシアティブであり、アラブ地域の社会的、文化的、環境的課題に取り組むため新興および既存の企業を人道セクターと結びつけます。

第1・第2回のアクセラレーター・プログラムには、主要部門の戦略的課題を解決するための4000以上の応募がありました。プログラムの第1段階では19の覚書が交わされましたが、第2サイクルで覚書の数は27%増加の28になりました。

情報源:ドバイ未来アクセラレーター


(日本語リリース:クライアント提供)



    プレスリリース配信元
    http://prw.kyodonews.jp/opn/release/201710066564/

    本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。