プレスリリース 国内/海外リリース情報

摂南大学が「2017年度産学連携ツーリズムセミナー」で最優秀賞を受賞

摂南大学

国内 【提供】Digital PR Platform


摂南大学(大阪府寝屋川市)経済学科の学生が、9月22日に東京ビッグサイトで開催された「産学連携ツーリズムセミナー」で、観光振興に関する研究発表を行い、初の最優秀賞を受賞した。




同セミナーは日本観光振興協会の主催で、世界最大級の旅の祭典である「ツーリズムEXPOジャパン」に合わせて開催され、ツーリズム産業の振興活動や研究に取り組む学生や社会人約300人が参加。研究発表は全国から応募のあった27チームから書類審査を通過した7大学8チームが実施。各チームは防災観光や地域活性化のための観光プラン、ユニバーサルツーリズム、訪日外国人へのアンケート調査結果などの観光振興に関する提案を行い、オリジナリティやチャレンジ性、実現の可能性などを競い合った。

摂南大学経済学科の植杉大ゼミに所属する3人は、「キャッシュレスで『観光』と『地域』を元気にする~観光マーケティング重視から『観光ファイナンス』へ~」のテーマで発表を行った。外国人観光客が旅行中に困ったこととして挙げた「両替・クレジット決済の不便さ」を解決する方策として、「地域決済会社(Local Area Settlement Company:LASC)の設立」「QRコードを利用したモバイル決済システムの導入」「ビットコインの活用による送金手数料の負担軽減」を掲げ、この3要素を融合した「地域経済システム(Local AreaSettlementSystem:LASS)」を提案。地域に根付く決済手段を確立することにより地域活性化につなげ、従来の観光マーケティング重視の姿勢から「観光ファイナンス」の重要性に目を向ける必要を訴えた。

表彰式でプレゼンターを務めた久保田穣日本観光振興協会副理事長からは「非常に良い発表であった。この提案をベースに、ベンチャー起業のモデルを模索してビジネス化すれば広く地域で活用できるのではないか」という評価を受けた。

リーダーの川口さんは「研究の成果を出すことができて本当に嬉しいです。今回の最優秀賞という結果はメンバー全員で勝ち取ったもの。発表の場に立たないメンバーのためにも絶対に負けられないという思いで発表しました。講評をいただいた際に新たな可能性を見出すことができたので、次はベンチャービジネスのプランに発展させるよう今後も研究を続けます」と受賞の喜びとともに今後の抱負について目を輝かせて語った。



▼本件に関する問い合わせ先
学校法人常翔学園 広報室
笹部、上田
住所: 大阪府寝屋川市池田中町17-8
TEL: 072-800-5371


【リリース発信元】 大学プレスセンター http://www.u-presscenter.jp/

    プレスリリース配信元
    https://digitalpr.jp/r/23868