にいがた鉄もの語り

ニヒガタ鉄道写真カン

ニヒガタ鉄道写真カン

 このコーナーでは、新潟日報社のデータベースから昔懐かしい鉄道写真を選び、テーマ別に紹介しています。

 7月からのシリーズは「弥彦線」です。

 弥彦線は1916年に私鉄として開業しました。その後、国鉄の路線となり、JR東日本へとバトンタッチされ、2年前に開業100周年を迎えました。

 開業当初から弥彦神社に参拝する人たちの足として利用されてきました。

 車社会となった現在は、「参拝列車」としての役割は昔に比べると軽くなったかもしれませんが、「弥彦に行くなら鉄道で」というファンは少なくありません。

 現在は廃止された越後長沢までの区間、通称「弥彦東線」の写真も含めて順次掲載していきます。お楽しみに。