「何」「なぜ」探求 くすぐる好奇心 おとなプラス

 新潟の大人にプラスな情報をお届けするため、新潟日報社は2016年11月1日、Otona+(おとなプラス、愛称「おとプラ」)を創刊しました。ニュースを主軸にしたこれまでの夕刊を、読者のニーズや時代の変化に合わせて大きく進化させました。毎日のニュースとともに、大人の知的好奇心を満たす特集や健康・生活情報関連記事などで構成します。読者の皆さまから多くのご意見をいただきながら、日々進化させていきます。

おとなプラス
新4コマ漫画『ねぇ、ぴよちゃん』4月スタート!

紹介サイトへ ≫

1月16日からテレビ欄に地上波

 昨年11月に創刊しました「Otona+」(おとなプラス)は、1月16日(月曜)からテレビ欄に地上波6局(NHK総合、Eテレ、BSN、NST、TeNY、UX)の番組表(夕方~翌日早朝分)を掲載。紙面内容の充実を図りました。朝刊同送の場合、地上波は、既に終了した番組となりますが、ご理解をお願いします。

[特集] 広がる大人の楽しみ 流行や旬の話題多彩に

 おとプラの最大の特徴は新潟の大人にとってプラスになる情報をお届けすることです。巻頭から3面までは日替わりの特集記事を掲載し、大人が出掛けたくなる、見たくなる、触れたくなる、食べたくなる、知りたくなる、挑戦したくなるテーマを取り上げます。

 創刊号では、十両に昇進した小柳関と角界をテーマにして、相撲の歴史と文化、楽しみ方を解説しました。

 毎週月水金(朝刊同時配達は火木土)は「たずねる つながる」シリーズを展開し、西蒲原の北国街道、佐渡のおけさ柿、粟島の祭り、弥彦の菊祭り、小須戸の町並みを見て、触れて、そこで生活する人々とつながってきました。今後も十日町市松之山地域の美人林や唱歌「砂山」の舞台などを歩きます。

 このシリーズ以外では、魚沼と福島を結ぶ六十里越のスノーシェッド、秋の夜長に楽しむ星空、野生キノコの楽しみ方などを取り上げてきました。今後も手編み体験やお米のおいしい炊き方、鮭料理あれこれなど、趣味や流行、旬の話題を紹介します。

 また、「おとプラ読者サポーター」に応募された方々から取材に参加していただく特集も作ります。冬のスポーツ観戦や座禅体験などを予定しています。

[ニュース・スポーツ面] 朝刊に情報をプラス 写真や解説で深掘り

 ニュース・スポーツ面は終面を扉面として開く4面構成としました。要点を短くまとめた記事や、特徴を捉えた写真によって、世の中の動きや話題を的確に分かりやすくお伝えします。

 扉面では、写真でニュースを切り取る「クローズアップ」シリーズ、心が温まるハッピーニュース、朝刊の記事にまつわる人やその舞台裏を紹介する「もっと知りたい あの記事 あの人」を展開します。読み応えのある記事のほかに、ニュースの速報にも対応しています。

 中の面には、国内外の政治・経済・社会の動きを短くまとめたニュースフラッシュコーナー、朝刊に掲載されたニュースの解説記事などを配置しています。

 スポーツ面はプロ、アマを問わず、注目競技の話題を掘り下げた記事、県内スポーツ選手によるコラム、読者によるチーム紹介コーナーを掲載。競馬専門紙と提携し、日曜日のレース予想もお伝えします。

 紙面の大きさが半分になり、読者のご意見の中には「ニュースが少ない」「新聞らしくない」というものもあります。夕刊とは全く違う構成のため、夕刊と同じようなニュース面を期待されていた読者を驚かせたのかもしれません。コンパクトにまとめた記事と長めの解説記事、写真を大きく扱う記事などを組み合わせ、多角的に構成しています。

 テレビやインターネットで簡単にニュースを調べられる今、これまで通りの新聞のスタイルとしては朝刊があり、その紙面をさらに充実させていきます。おとプラはそれにプラスした記事を掲載する情報紙として位置付けています。

 朝刊を読む前に端的に知っておきたい情報、朝刊を読んだ後にさらに詳しく知りたい情報、朝刊には載っていない話題などを掲載していきます。

[季のうた] 1面飾る「言の葉」

 季節に合った俳句を掲げる「季(とき)のうた」を夕刊から継続しています。

 掲載面は小説と同じ面ですが、上の句を抜き出し、1面の葉っぱのデザインの上に一文字ずつ載せています。その葉っぱはまさに「言(こと)の葉」であり、文字を扱う新聞社が作る情報紙の1面を飾るものとしてデザインしました。

 1面の「言の葉」から全体の句を想像するのも一興ではと考えました。

[天気予報・指数] 快適生活の参考に

 1面に掲載している天気欄は1週間予報です。気象情報以外に、洗濯物の乾き具合など生活の目安となる指数も掲載しています。

 11月は洗濯、重ね着、星空、鍋物、お出かけ、洗車の指数を掲載しています。

 これらは季節に合わせて変更します。例えば、冬には暖房や風邪予防、素肌乾燥、夏にはビールの飲み頃やアイスクリームの食べ頃などの目安が分かる指数を掲載する予定です。どうぞ楽しみながらご活用ください。

[ライフ面] テーマ日替わり連載も

 ライフ面は曜日ごとにペット、趣味、食、住まい、旅のテーマを掲げています。

 趣味の日は三条市の倉品章さんによる連載「おとなも楽しい絵本」、食の日は新潟市出身の料理家しらいのりこさんによる連載「おいしいごはん料理」を始めました。

 また、色彩プランナーうおたまさみさんの「色いろいろ」をほぼ毎日連載しています。いろいろな色の呼び名やエピソードを1日1色ずつ紹介しています。

 CDランキングや芸能人の話題などエンタメ情報も掲載しています。

[お得なページ・お楽しみコーナー] 役立つ情報満載パズルや将棋も

 お得な情報やお楽しみコーナーもできるだけ盛り込んでいます。

 各地の展覧会や音楽会、講座、催しなどは毎日、「まちの掲示板」でご案内します。この掲示板は週1回、拡大版になります。

 各種プレゼントや無料のサービスを受けられるクーポンなどを集めたページも毎週1回作ります。

 飲食店情報サイト「ぐるなび」、コメリ、情報誌「キャレル」、新潟三越伊勢丹がそれぞれ毎月1回、旬の情報をお届けする「くらしプラス」欄も設けました。

 抽選で図書カードが当たる「ニュースクロスワードパズル」や、免状を取得できる将棋・囲碁コーナーも週1回掲載しています。

[読者投稿、読者サポーター] 参加型企画めじろ押し

 読者と双方向の情報紙を目指しています。投稿を掲載する「読者のひろば」を設けているほか、「おとプラ読者サポーター」に応募された方々に取材体験などに参加してもらいます。

 読者のひろばへの投稿はテーマが自由で350字程度です。ほかに写真や絵手紙も募集しています。詳しくは、おとプラの募集欄をご覧ください。

 サポーターは取材体験のほか、身近な話題の投稿やアンケート調査などにもご協力いただきます。ライフ面の連載「おとなも楽しい絵本」の執筆者、三条市の倉品章さんもサポーターのお一人です。

[テレビ欄] 朝刊以上にBS詳しく

 テレビ欄にはBS番組表の詳細版を掲載しています。地上波の番組表は詳細版が朝刊に掲載されていますが、BSはこれまで簡易版しかなく、ドラマ・歌番組の出演者や特集番組の内容などがよく分からないケースがありました。そのため新たにBS詳細版を作成いたしました。

 限られた紙幅の中で朝刊と同じ情報の掲載はできるだけ避け、朝刊の情報にさらにプラスした情報を掲載することとしました。

 これについては、これまで夕刊のテレビ欄を利用されていた方や、BS番組をほとんどご覧にならない方から、地上波番組表の掲載を求める声が寄せられています。

 BS詳細版を掲載する意図をどうかご理解いただき、地上波については朝刊のほか、毎週水曜日発行のテレビウイークリーガイドをご覧いただきたいと思います。

[健康面] 病気や介護分かりやすく

 年齢を重ねると友人同士の会話には、病気や家族の介護の話題が多くなります。突然、思いも寄らなかった病気を発症することもあります。そうした方々に役立つように、おとプラに健康面を設けました。

 さまざまな病気の症状や治療、介護予防や認知症予防の秘けつ、最新の医療技術などについて分かりやすい解説記事を掲載していきます。

 また、脳に刺激を与えられる「脳トレ」コーナーも設けました。図形や数字、県内の難読地名などの問題を毎日解いていただければ、脳の活性化や認知症予防につながると期待しています。

[ささえーる+] 安心な暮らしへ地域の活動紹介

 医療・介護・健康の専門家によるインターネットサイト「ささえーる+」の特集ページを設けています。

 住み慣れた地域で安心して暮らし続けられるようにと動き出した地域包括ケアシステムについて、各地の取り組みとそれを担当する方々を紹介する「担い手たずねて」のシリーズと、医療・保健・福祉などの多職種に支えられた暮らしの事例を専門家が解説するシリーズを展開します。

[小説・コラム] 弘文の生涯・思想迫る

 加茂市出身の禅僧を主人公にしたノンフィクション連載「スティーブ・ジョブズが愛した禅僧 乙川弘文(おとがわ・こうぶん)」が始まりました。米ロサンゼルス在住の作家柳田由紀子さんが綿密な取材をもとに執筆しています。

 乙川弘文は加茂市の禅寺で1938年に生まれ、67年に渡米し、欧米各地に禅堂を開いて、2002年に亡くなりました。多くの欧米人が集った中に、米IT大手のアップル社を創業したスティーブ・ジョブズもいました。連載では関係者のインタビューを通じて、弘文の生涯とその思想に迫ります。

 そのほか、夕刊で長年続いた随筆「晴雨計」は「ウイークエンドエッセー」に、コント山口君のコラム「オヤジの遠吠え」は「オヤジの世相みじん斬り」にリニューアルして、毎週1回掲載します。

 

創刊記念
トークセッション

見返して、より満喫
スクラップ用専用ノートも

 

購読申込み、購読に関するお問い合わせ

[ フリーダイヤル ]

0120-0840-20

 

NIC販売店一覧

 お住まいの住所から探す

NIC販売店検索

住所を入力してください
(一部でも可能)

例)新潟市中央区 万代3