米減税、議会に協力要請
トランプ氏「外国に対抗」

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は27日、インディアナ州インディアナポリスで演説し、法人税率の大幅引き下げなどを盛り込んだ税制改革案に関し「減税で競争力を取り戻す。米国企業は外国の競争相手を打ち負かせるようになる」と述べ、議会与野党の協力を求めた。

 財源捻出につながると期待していた医療保険制度改革(オバマケア)の見直しが難航する中、議会による法案審議に向けた手続きが本格化する。財源不足のまま大型減税に踏み切れば、財政赤字が拡大する恐れがある。

 与党共和党執行部と共同でまとめた改革案では、連邦政府の法人税率は現状の35%から20%に引き下げるとした。

【主要】【経済】