法人8割、運賃値上げ了承
ヤマト、残業時間半減へ

 宅配最大手のヤマトホールディングス(HD)の山内雅喜社長は28日、東京都内で記者会見し、インターネット通信販売など大口の法人顧客約千社との運賃交渉で、8割程度が値上げを受け入れたと明らかにした。中期経営計画も発表し、働き方改革の一環として、今後3年間で宅配ドライバーを含む従業員の残業時間を半減させる方針を示した。

 宅配業界は荷物の急増に伴う人手不足で人件費が膨らみ、経費に見合う運賃を大口顧客に求めていた。宅配取扱個数全体の約5割を占めるヤマトが値上げにめどを付けたことで、通販などの商品価格が値上がりする可能性もある。

【主要】【経済】