ソニー前社長の報酬20億円
平井氏、退職金と好業績で

 ソニーは19日、2018年3月期の有価証券報告書で、4月に社長を退任した平井一夫会長の役員報酬が20億7300万円だったと開示した。退職金11億8200万円や好業績が報酬を押し上げた。開示制度が始まった10年3月期以降、ソニーでの最高額となる。4月に就任した吉田憲一郎社長は4億3800万円だった。

 ソニーは同日、株主総会を開き、13人の取締役選任など会社提案の議案が承認された。

 吉田社長は株主総会で「持続的に高い収益を上げる企業を目指す」と説明した。ソニーは18年3月期連結決算で本業のもうけを示す営業利益が20年ぶりに最高益を更新した。

【主要】【経済】