米中、知財権侵害を議論
貿易不均衡、人民元も争点

 【ワシントン共同】米中両政府は30日、貿易摩擦緩和に向け、ワシントンで閣僚級協議を開いた。31日までの日程で、米国が問題視する中国の知的財産権侵害への対応策に加え、争点になっている貿易不均衡や人民元相場を議論。3月1日の交渉期限に向け、トランプ米政権は構造改革を厳しく迫る方針で、中国がどこまで譲歩するかが焦点となる。

 閣僚級会合は昨年6月に北京で開催して以来、約8カ月ぶり。中国の劉鶴副首相や中国人民銀行(中央銀行)の易綱総裁らが訪米し、米国からはライトハイザー通商代表部代表やムニューシン財務長官、ロス商務長官らが出席した。

【主要】【経済】