宮崎完熟マンゴー今年も40万円
「太陽のタマゴ」初競り

 宮崎県産のブランド完熟マンゴー「太陽のタマゴ」の初競りが16日早朝、宮崎市中央卸売市場であり、2個入りケース(約1キロ)が昨年と同じ過去最高値40万円で落札された。福岡市のデパートで販売されるという。

 「太陽のタマゴ」は今年、商標登録から20年を迎える。初競りに先立ち郡司行敏副知事があいさつし「今後も魅力を世界へ発信したい」と話した。

 JA宮崎経済連によると、宮崎産の完熟マンゴーの中でも、糖度15度以上、重さ350グラム以上、表面の半分以上が鮮やかな紅色という条件をクリアした果実だけが、「太陽のタマゴ」として流通する。