大阪マラソン、3万人快走
山中伸弥氏「万博よかった」

 第8回大阪マラソンが25日、開催された。心地よい秋晴れの下、約3万2千人のランナーが大阪城公園前からスタート。御堂筋や通天閣など大阪市内の名所を巡るコースを楽しみつつ駆け抜けた。

 2025年の大阪万博開催が決まった直後のレース。アンバサダーとして参加し、約3時間半で完走した京都大iPS細胞研究所の山中伸弥所長(56)は「(誘致活動に関わった万博が)決まってよかったなあと思いながら走った」と振り返り「靴ひもが2回もほどけてものすごく動揺した」と苦笑い。

 11年に始まった大阪マラソンはチャリティーへの協力を呼び掛けており、昨年は約1億6700万円が集まった。

【暮らし・話題】