将棋、広瀬が勝ち2勝2敗に
竜王戦第4局

 将棋の第31期竜王戦7番勝負の第4局は24、25の両日、京都府福知山市で指され、挑戦者で先手の広瀬章人八段(31)が133手で羽生善治竜王(48)を破り、対戦成績を2勝2敗のタイとした。

 羽生竜王はタイトル通算100期が懸かる。第5局は12月4、5日に石川県七尾市で行われる。

【暮らし・話題】