JR東海、リニアの非常口を公開
深さ約90メートルの巨大立て坑

 JR東海は28日、東京都品川区に建設中のリニア中央新幹線「北品川非常口」の内部を報道関係者に公開した。リニアは2027年に品川―名古屋間の約286キロが開業予定。直径約36メートル、深さ約90メートルの「立て坑」で地上とつながる非常口はリニア車両が走るトンネルの掘削工事の拠点で、営業運転開始後はトンネル内の換気や地上への避難通路の役割を担う。

 北品川非常口は、品川駅(東京都港区)の南に位置。巨大な穴のような形をした立て坑の底の部分に、リニアが走行するトンネルが通る構造だ。

【暮らし・話題】