アニメ作家のヒレンバーグ氏死去
「スポンジ・ボブ」原案

 スティーブン・ヒレンバーグ氏(米人気アニメ「スポンジ・ボブ」の生みの親)26日、筋萎縮性側索硬化症(ALS)のため西部カリフォルニア州の自宅で死去、57歳。17年3月に病気を公表していた。AP通信などが伝えた。

 61年8月、南部オクラホマ州生まれ。84年カリフォルニア州の大学を卒業後、海洋生物学の教師に。アニメ製作にも関心を持ち、海底都市を舞台にしたスポンジ・ボブの物語を考案。99年にテレビアニメ化され、製作責任者などを歴任。各国で人気を博しエミー賞など多くの賞を受賞した。04年と15年に映画化。ミュージカル作品として舞台化もされた。(ロサンゼルス共同)

【暮らし・話題】