コラムニスト勝谷誠彦さんが死去
辛口コメンテーターとして活躍

 テレビの辛口コメンテーターとして活躍したコラムニストの勝谷誠彦(かつや・まさひこ)さんが28日午前1時48分、肝不全のため兵庫県尼崎市の病院で死去した。57歳。尼崎市出身。葬儀・告別式は29日午後1時から尼崎市西長洲町3の7の7、阪神平安祭典会館で。喪主は弟友宏(ともひろ)氏。

 早稲田大卒業後、文芸春秋に入社。記者として活躍後にフリーとなり、「ビートたけしのTVタックル」などのテレビ番組や雑誌で幅広く活動した。2017年の兵庫県知事選にも立候補した。親族によると、今年8月に重症アルコール性肝炎で入院して以降、入退院を繰り返していた。