自律走行ロボが来庁者誘導、岐阜
大垣市役所、全国で初めて

 自律走行し担当課の窓口まで誘導したり、申請書の書き方を教えてくれたりするロボットの実証実験が15日、岐阜県大垣市役所で始まった。市によると、自律走行型のロボットが来庁者を誘導する試みは全国の自治体で初めてとしている。

 小川敏市長が「ロボットを使い市民サービスを向上し、市民の集う面白い市役所を目指したい」とあいさつ。その後、自律走行型のロボットが市長を窓口案内からエレベーターまで案内するデモンストレーションが行われた。

 市民サービス向上のため、大垣市はロボットや人工知能(AI)を活用した「電子市役所」の構築を進めている。

【暮らし・話題】