北日本中心に大雪続く
14、15日、さらに強い寒気

 日本列島は12日、強い寒気の影響で荒れ模様の天候が続き、北日本や北陸を中心に大雪が降った。13日にかけて冬型の気圧配置は続く見通しで気象庁は猛吹雪による交通の乱れや暴風、高波に警戒するよう呼び掛けた。

 気象庁によると、北日本の上空約5千メートルに氷点下36度以下の寒気が流入。大学入試センター試験のある14、15日にはさらに強い寒気が入るため、北日本から西日本の広い範囲で大雪となる恐れがある。