理研、他人のiPS臨床研究開始
重い目の病気、世界初

 理化学研究所などのチームは6日、他人の人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作った網膜の細胞を、重い目の病気の患者に移植する臨床研究を始めた。5人を目標に対象患者の募集も開始。

 他人のiPS細胞から作った網膜細胞を移植する臨床研究は世界初。1日に厚生労働省の専門部会が了承した。安全性を確認するとともに将来的には視力改善を目指す。

 神戸市で記者会見した理研多細胞システム形成研究センター(神戸市)の高橋政代プロジェクトリーダーは「将来的な治療がどういう形になるか決める重要なステップ」と話した。1例目の手術は今年前半が目標。