3カ月長男置き去り死亡
遺棄容疑で両親逮捕、大阪

 大阪府警住之江署は17日、生後3カ月の長男を一晩放置して外出したとして保護責任者遺棄の疑いで、大阪市の自営業の男(36)と無職の妻(19)を逮捕した。長男はベッドでうつぶせになって息をしていない状態で見つかり、搬送先の病院で死亡が確認された。同署は保護責任者遺棄致死容疑も視野に調べる。

 同署によると、男は「今までも何回か自宅に置いたまま出かけていたので大丈夫だと思った」と供述しているという。

 逮捕容疑は16日午後11時ごろ、同市住之江区の集合住宅で長男を寝かしつけた後、保護する責任があるのに外出、遺棄した疑い。

アニバーサリーキャンペーン