海自、米イージス艦に洋上給油
安保法の新任務

 海上自衛隊の補給艦が今年4月以降、日本海で北朝鮮の弾道ミサイル防衛(BMD)に当たる米イージス艦に洋上給油を実施していることが14日、政府関係者への取材で分かった。安全保障関連法の施行に伴い、自衛隊から米軍への物品提供や輸送任務の対象が拡大したため可能になった。安保法に基づく新任務が明らかになるのは、海自が5月に実施した「米艦防護」に続いて2例目。

 政府関係者によると、北朝鮮が弾道ミサイル発射を繰り返し、海自や在日米軍のイージス艦は24時間態勢で警戒監視に当たっている。米側の要請に基づき、洋上で給油することでBMD対応に隙がないようにしている。

アニバーサリーキャンペーン