京大病院で調剤ミスか、患者死亡
60代女性に高濃度注射薬

 京都大病院(京都市左京区)は3日、薬剤師が通常の約700倍の高濃度の注射薬を調剤し、自宅で投与した60代の女性患者が死亡したと発表した。誤って調剤した可能性が高いとしており、稲垣暢也病院長は「このような事態を招き、心よりおわび申し上げる」と謝罪した。

 病院によると、薬剤師2人が8月28日、患者が自宅で使用するための注射薬「セレン注製剤」を、医師の処方箋より高濃度で調剤。患者は自宅で投与後の9月26日夜、背中に痛みを訴え、翌朝に同病院で処置を受けたが、亡くなった。

 病院が調べると、約700倍の濃度の薬が投与されていたことが判明した。

アニバーサリーキャンペーン