茨城6人死亡、就寝中に殺害か
逮捕の夫、刃物で

 茨城県日立市の県営アパートから出火し母子6人が死亡した事件で、遺体が見つかった和室には布団が敷かれており、長女への殺人容疑で県警に逮捕された自称会社員小松博文容疑者(32)は、就寝中の6人を刃物で刺すなどして殺害したとみられることが7日、分かった。

 捜査関係者によると、6人の遺体は寝室として使っていたとみられる同じ和室から見つかり、室内に争ったような形跡はなかった。いずれも上半身を中心に複数の刺し傷や切り傷があり、火災による損傷はほとんどなかった。

 小松容疑者は動機に関し「妻から別れ話を切り出された」などと供述している。

【社会・科学】

アニバーサリーキャンペーン