住宅火災で2人死亡、北海道
秩父別町の木造2階建て

 7日午後11時15分ごろ、北海道秩父別町の農業土井正和さん(90)方から出火、木造2階建てをほぼ全焼し、焼け跡から2人の遺体が見つかった。土井さんと、住み込みで農作業を手伝っていた80代男性と連絡が取れず、深川署はこの2人の遺体とみて身元を確認している。

 署などによると、土井さんは80代男性、60代の三男と3人暮らし。三男は手や顔にやけどを負い、病院に運ばれたが、命に別条はないという。

 現場は、深川留萌自動車道の秩父別インターの南東約1キロで、田畑に囲まれた場所。消火のため、土井さん方に面する国道233号が5時間以上通行止めとなった。

【社会・科学】

アニバーサリーキャンペーン