米軍ヘリ事故、民家まで300m
沖縄知事、飛行停止要求へ

 沖縄県東村高江の民間地で11日、米軍普天間飛行場(宜野湾市)所属のCH53E大型輸送ヘリコプターが炎上、大破した事故現場は民家から約300メートル地点だったことが12日、分かった。防衛省沖縄防衛局の中嶋浩一郎局長が明らかにした。

 翁長雄志知事は12日午後、現場を視察した。米側に対し、厳重抗議するとともに同型機の飛行停止を求める見通し。政府も原因究明や再発防止を求めた。米海軍安全センターによると、事故の深刻さを示す4分類のうち最も重大な「クラスA」に当たるという。

 県警は、航空危険行為処罰法違反容疑を視野に、捜査に着手するかどうか検討しているとみられる。