山陽新幹線線路に少年立ち入り
岡山駅、4キロ先で保護

 20日午後4時40分ごろ、山陽新幹線岡山駅のホームから人が線路内に立ち入ったのを駅員が見つけた。JR西日本によると、同5時50分ごろ、約4キロ離れた大阪方面の線路内で、歩いている小学生ぐらいの少年を保護した。

 ホームの端から下り線の線路に降りたとみられ、駅員や岡山県警の警察官らが捜索。立ち入りの情報を受け、岡山駅に向かって徐行していた新幹線の運転士が見つけた。

 JR西は、新大阪―東広島間の上下線で一時運転を見合わせた。新大阪―博多間では最大90分の遅れが出た。

 岡山駅は、ホームに転落防止柵が設置されており、線路に降りられるホームの端にも鍵付きの柵がある。