新潟女児殺害、近所の男を逮捕
線路に遺体遺棄容疑

 新潟市西区の市立小針小2年大桃珠生さん(7)が殺害され、自宅近くのJR越後線の線路に遺棄された事件で、新潟西署捜査本部は14日夜、死体遺棄と死体損壊の疑いで近所の会社員小林遼容疑者(23)=同市西区=を逮捕した。容疑を認めている。捜査関係者によると、同日午前からの任意の事情聴取に、殺害をほのめかす供述もしている。発生から1週間で捜査は大きく前進した。

 逮捕容疑は7日午後10時20分ごろ~同10時半ごろ、JR越後線の線路に大桃さんの遺体を遺棄、列車にひかせるなどした疑い。2人の自宅は100m余りのごく近い場所で、遺棄現場は小林容疑者の自宅から約70m。