女子プロレスラーを逮捕
覚醒剤使用容疑、警視庁

 警視庁西新井署は15日までに、覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで、女子プロレスラーの浜田文子容疑者(37)=東京都足立区=を逮捕した。逮捕は13日。

 逮捕容疑は4月下旬から5月13日までの間、都内か周辺で覚醒剤を使用した疑い。

 西新井署によると、「自宅で吸った」と話している。所属するプロレス団体関係者が13日、浜田容疑者が意味不明な言動をしていると交番に届けた。駆け付けた署員が任意同行して尿検査したところ、陽性反応が出たという。

 所属団体は15日、「事実が明白になった時点で厳正に処分する方針」とのコメントを発表した。

【社会・科学】