九州南部は大雨続く恐れ
地盤緩み、土砂災害警戒

 気象庁は20日、九州南部を中心に21日も非常に激しい雨が降る恐れがあるとして警戒を呼び掛けた。近畿地方でもこれまでに降った大雨で地盤が緩み、土砂災害が起きやすくなっている地域があり、注意が必要だ。

 気象庁によると、21日にかけて西日本から東日本の太平洋側に延びる梅雨前線がゆっくり南下して九州南部に停滞し、前線上の低気圧は太平洋側を進む。前線や低気圧に暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が非常に不安定になる見込み。落雷や竜巻などの突風が発生する恐れもある。