厚労省、過少支給1973万人
勤労統計、530億円

 賃金や労働時間の動向を把握する厚生労働省の「毎月勤労統計」の不適切調査問題で、厚労省は11日、雇用保険の失業給付や労災保険などの過少支給の対象者は延べ1973万人で、総額は537億5千万円に上ったと明らかにした。一連の問題は総務省の指摘を契機に明るみに出たが、厚労省担当職員らは、それ以前から不適切と認識しながら、組織全体で情報を共有せず、放置していた。過少支給のあった全対象者に不足分を追加支給する。

 根本匠厚労相は記者会見し「極めて遺憾で、国民の皆さまに心からおわび申し上げる」と謝罪した。事実関係を調査した上で関係者の処分を含めて対応したいと述べた。