元少子化担当相の岡崎さん死去
10年発足の菅内閣で

 菅内閣で国家公安委員長兼消費者行政・少子化対策担当相を務めた元民主党副代表岡崎トミ子(おかざき・とみこ)さんが19日午前1時37分、肝機能障害のため仙台市内の病院で死去した。73歳。福島市出身。葬儀・告別式は近親者で行う。後日、お別れの会を開く予定。喪主は妹信子(のぶこ)さん。

 民放アナウンサーを経て、1990年に旧社会党から衆院選に初当選。96年の旧民主党結党には菅直人氏らとともに参加し、副代表に就任した。96年の衆院選で落選したが、97年の参院補選から3回連続で当選した。

【主要】【政治】