衆院解散、総選挙へ
「安倍1強」是非争点

 衆院は28日午後の本会議で解散された。その後の臨時閣議で、政府は「10月10日公示―22日投開票」の衆院選日程を正式決定。安倍晋三首相による「1強」体制の政権運営の是非が大きな争点となる。野党は臨時国会冒頭の解散を「大義がない」と批判し、首相の政治姿勢を問う構え。民進党の前原誠司代表は政権交代を狙って希望の党(代表・小池百合子東京都知事)と事実上の合流を進めており、野党再編で衆院選の構図が一変、波乱含みの展開となりそうだ。

 首相は勝敗ラインを自民、公明両党で過半数(233議席)と説明している。衆院選は与党が大勝した2014年12月以来。

【主要】【政治】

アニバーサリーキャンペーン