「安倍政治」の是非問う選挙戦へ
首相は実績、前原氏政権交代訴え

 与野党は28日、衆院解散を受けて10月22日投開票日へ事実上の選挙戦に突入した。約4年9カ月にわたる「安倍政治」の是非が最大の争点。安倍晋三首相はアベノミクスや北朝鮮政策の実績を訴え、消費税増収分の使途変更方針の信を問う構えだ。民進党は「森友、加計学園問題の疑惑を隠す自己保身解散だ」と批判。前原誠司代表は、小池百合子都知事が率いる新党「希望の党」との事実上の合流で政権交代を目指す。

 希望の党は、公認申請があった民進党前議員らの選別を進め、候補擁立を急ぐ。全国の289小選挙区で与党候補と「1対1」の対決構図をどれだけつくれるかが選挙戦の行方を左右する。

【主要】【政治】