希望の党、200人規模擁立へ
民進リベラル系は新党検討

 新党「希望の党」(代表・小池百合子東京都知事)は、衆院選(10日公示―22日投開票)に200人規模の公認候補を擁立する方向で調整に入った。半数以上は民進党出身者が占めるとみられる。関係者が1日明らかにした。一方、希望側の選別方針に反発する枝野幸男代表代行をはじめ、民進党リベラル系の前衆院議員らは新党も含め対応を検討。2日にも結論を出す意向だ。合流と排除で揺れた公認問題は近く決着する見通しとなった。

 衆院選は自民と公明の与党、希望と日本維新の会、共産と社民を含めたリベラル勢力の3者による対決の構図となる様相だ。

【主要】【政治】

アニバーサリーキャンペーン