岡山市長に大森氏再選
大差で共産推薦新人退ける

 任期満了に伴う岡山市長選は1日投開票の結果、無所属現職の大森雅夫氏(63)=自民、民進、公明推薦=が、無所属新人の共産党岡山地区委員長矢引亮介氏(47)=共産推薦=を大差で破り、再選を果たした。投票率は28・35%で、前回を4・99ポイント下回り過去最低。

 大森氏は与野党の市議や国会議員の応援を得て、企業誘致や中心市街地活性化などを実績としてアピール。日本維新の会岡山県総支部の支援や業界団体の支持も受け、戦いを優位に進めた。

 市内で支援者を前に「多くの市民に会い、(1期目の)4年間は間違っていなかったと思った。誠実に市政運営を担っていきたい」と述べた。

【主要】【政治】

アニバーサリーキャンペーン